それぞれの魅力 | 風俗求人で応募しているデリヘルとホテヘルの違いを理解しよう

風俗求人で応募しているデリヘルとホテヘルの違いを理解しよう

それぞれの魅力

風俗には、様々な業種があります。
有名どころだと、デリヘルやホテヘル、イメクラなどがあります。
その中でも、特に人気がある業種がソープやエステです。他の職業に比べ、高収入が得られることで人気を博しています。
これらはそれぞれ店舗型の風俗店として営業していますが、最近はデリヘルやホテヘルなどの無店舗型の風俗店が人気を上げてきたことに伴い、エステの一部の店舗は無店舗型として展開してきています。
飲食店や会社員など、女性が勤務できる他の職業の給与に比べ、これらの業種は高収入はもちろん福利厚生やシフト面なども優遇されており、非常に働きやすい環境が整っています。

■ソープで働いて高収入を得る
風俗店は、業種によって勤務時間やお客様へのサービス時間が異なります。
同じ業種であっても、各店舗によって細かく違ってくるので、ソープ店で働こうと決めた際は、事前にシフト関係や勤務時間などを把握しておく必要があります。
ソープの場合は、大体接客時間は60分~180分となっています。主に、お客様に性的サービスをして、性的欲求を満たすことが主な仕事内容となっています。
お客様が指定したコースによって変わってくるので、毎回接客時間は違うと考えていいでしょう。
ソープは、「ソープランド」という名称以外にも、「高級個室サウナ」や、「特殊浴場」などと呼ばれることもあります。
地域や各店舗によって名称が異なってくるので、求人サイトなどを見てソープの求人を探す場合は、これらの名称が出てきたらソープランドと思っていいでしょう。

■エステでお客さんの心身を癒す
ソープやデリヘルなどと少しサービス内容が異なるのがエステです。
エステは、「マッサージ」とも呼ばれることがあります。
混同されることが多いですが、「回春」とは全く異なる業種なので、求人を見たり利用したりする場合は注意しましょう。
エステは、お客様に全身マッサージを施し、お客様の心身を癒すことを目的としています。
マッサージをした後、最終的に男性器に性的サービスを施し、性的欲求を満たすこともします。
風俗店として営業していない、一般的なエステサロンやマッサージ店では、性的サービスは一切行われていません。
ただ、風俗店として営業している、このようなエステでは、性的サービスを業務の一部としている分、給与は高収入となっています。
接客時間は、大体40分となっている場合が多いです。